ジャイロボールはどのようにして投げるのでしょうか?

 

全身の回旋運動を連結させると投げられます。

足から指先までの関節の回旋運動を連結させることによって投げられます。

バックスピンのかかった一般的なストレートとは体の使い方が根本的に違います。

持っているボールは投球フォーム中、三次元的な立体的な軌道を描きます。

体の使い方は「テコの原理」を重ね合わせて投げるイメージです。

 

コマを例にだしますと、

直径の大きなコマを回すには大きな力が必要になり、スピードはなかなか出せません。

スピードを生むということで言えば、効率が悪いです。

逆に直径の小さなコマを回す際には小さな力ですみ、スピードをかなり出すことができます。

スピードを生むのには効率的です。小さな力でスピードを出せます。

初期の段階では自分の体は大きな直径のコマなのですが、練習の中で徐々に自分の体を出来るだけ小さなコマにしていくイメージです。

 

次は「指パッチン」を例に出してみます。

「指パッチン」で親指と中指で音を鳴らそうとすると

ためた力が一気にスピードに変わって中指が手の平に当たります。

全身の回旋をつなげると「指パッチン」のように、ボールをリリースする瞬間まで一気に連結して、

リリースの瞬間に一気に回旋スピードが瞬間的に上がります。

(回旋運動の場合、徐々に加速していくのではなく、リリースポイントを中心に瞬間的に加速し、急激に減速する)

体が半自動的に加速していく感じです。

「うねる」という表現がよく使われますが、うねっている状態というのは『テコの原理』としてはまだまだ無駄が多く、動作としては初歩的な状態になります。

「うねる」感覚から、体のコマ直径を小さくしていき、「反転=指パッチン』

する感覚へ移行していきます。

ある程度の回旋レベルまでいかないとジャイロボールの特性が出てこないです。

よくダブルスピン(ダブルの回旋)と表現されます。

 

 

一般的なバックスピンのストレートを投げる場合は、

ヌンチャクを振るようなイメージです。関節がバラバラで連携していません。

力は振っている方向へ向かいますが、全身バラバラで無理やり連結させる状態です。

全身の動作がボールの進行方向に対して一平面内に収まるイメージです。

振り子運動と表現されています。

 

本当は図を載せたりしてもっと分かりやすく表現できたらと思うのですが、今のところ力不足です、すみません(笑)

感覚的な表現になってしまいますが、身体内で感じる感覚を表現するとこのようになります。