ジャイロボールの「ひじ関節」の使い方

こんにちは、ジャイロボール研究家の伊藤栄一です。

1つ前のブログで、『ひざ関節』の使い方についての話をしました。

今回は続けて「ひじ関節」について話したいと思います。

 

「ひじ関節」について

 

ジャイロボールを投げる際には、「ひじ関節」も意識する必要があります。

 

「ひじ関節」は特にボールをリリースする少し前あたりから大切になります。

 

「ひじ関節」の使い方は腕の加速に直結する問題なので大切です。

 

次の「ひじ関節」の使い方をしっかりと意識すると良いと思います。

 

 

「ひじ関節」の使い方

 

ボールを持っている方の「ひじ関節」が特に大切になります。

 

「ひじ関節」もひざ関節と同様に

 

「ひじ関節が伸びていること(曲がった状態ではないということ)」

 

が大切になります。

 

なぜかと言うと、「ひじ関節」が曲がった状態だと

 

「肩甲骨」が生み出す回旋運動が邪魔されて

 

回旋スピードが出にくくなってしまうからです。

 

大切なリリースの瞬間に速度が出なくなります。

 

ボールリリースの瞬間には「ひじ関節」がしっかりと伸びていることが大切です。

 

投球フォームの初期段階では曲がっていても問題ありません。

 

自然な動きに任せて、曲がっていた「ひじ関節」

 

が徐々に伸びていくのを意識して感じると良いと思います。

 

「ひざ関節」も「ひじ関節」も伸びた状態になることで股関節の回旋運動、

 

肩甲骨の回旋運動が促されます。

 

まとめ

 

ジャイロボールを投げる上でそれぞれの関節の使い方は

 

とても大切になります。

 

投球動作中、「ひじ関節」が伸びていることが大切だと

 

話しましたが、よく分からない場合は、

 

投球の最初から最後まで「ひじ関節」を伸ばした状態でなげる

 

練習をしてみて下さい。

 

「ひじ関節」が伸びた状態がどのように影響するのか

 

よく確認してみて下さい。

 

1つ1つ小さなことのように思えますが、体の使い方は

 

ガラリと変わってしまいます。

 

ジャイロボールを投げるとき人間の体は機械のように

 

全身のパーツがしっかりと連携します。

 

自分の体をどのように使っているのか意識する作業が

 

とても大切になるとおもいます。

 

以上のようなことがジャイロボールの練習時には特に重要になります。

 

参考になりましたら嬉しく思います。

今日も読んでくださりありがとうございました(^ ^)

もし宜しければ、次の記事でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です