こんにちは、伊藤栄一です。

今日はアイデアを絶対に逃さないメモ帳術

について提案したいと思います。

 

アイデアというのは、これから

未来のことを考えたり、

計画したりする上で

とても大切なものだと思います。

このアイデアを逃さない方法を

私のオリジナルですが

紹介したいと思います。

 

私がオススメするメモ帳は

100円ショップ

「ダイソー」の2個セットの

横開きの手の中に収まる

小さいメモ帳です!

 

軽くて使いがってが最高です!

何よりも

コスパが最高です!

紹介

低コストで作っている分、

作りは簡素で、

紙の質もザラザラしていて

上質とはいえません。

 

しかしその性質が逆に

使い勝手に繋がっているのです。

 

紙がザラザラだとページが

めくりやすいのです!

 

メモという観点では満点です。

 

スマートフォンなどの

デジタル端末では速攻で記録する

ことが出来ないので、

メモ帳の方が優秀です。

 

アイデアは数分もすれば、

忘れてしまいます。

早い時は数秒で忘れます。

出てきた瞬間が勝負です!

 

文房具店などに売っている

メモ帳などよりも

アイデアをメモする

という部分では圧倒的に

優秀です。

 

<使い方のポイント>

①常にペンを次に書くページに刺しておく

<理由>

⭐️「しおり」になり、速攻で

書くページが開ける

②1ページに1案件のみ記録する

<理由>

⭐️あとで整理する際に理解しやすい

 

③見開きの右ページのみに記入する

<理由>

⭐️右利きの人の場合

書きやすい!

左手でメモ帳を持ち、

右手で書く

 

④ペンは100円程度の安い

0.3~0.4ミリのものを使う

<理由>

⭐️100円のペンはとにかく軽い

⭐️芯が細いと、サッと描きやすい

そして内容が見やすい

(理解しやすい)

 

⑤字のサイズは大きく、

1ページを丸ごと使う

<理由>

スピードが命なので、

サッと書くために

大きい字で書く

 

⑥綺麗に書かない、

雑に速記する

 

⑦内容の種類は、1文字目に

自分しか分からない記号なり

文字を使う

<理由>

⭐️時間の短縮

⭐️あとあと整理する際に

分類しやすい

⑧常に身につけておく

<理由>

⭐️いつどこでアイデアが

降ってくるか分からない

流れ星のように

 

⑨いろいろな場所に複数個

常備しておく

<理由>

⭐️あっ アイデアが

浮かんだけどメモ帳忘れた!防止

 

⑩メモした内容は、

1日毎にパソコンなどにまとめる

昔の内容だと、忘れていて思い出せない

場合がある

 

以上を実行すると、

思いついたこと、計画、アイデア

気になったことなどなど

絶対に逃さないで済みます(笑)

 

ここまで徹底していると、

逆にアイデアが次に

降ってくるのが楽しみ

になってきます(笑)

 

次は何がひらめくのかワクワク

できます!

 

浮かんでくるアイデアは

小さな内容であることが多いですが

大量のちいさなアイデアの

中に本物の宝物が隠れている

ものだと信じているので

実践しています。

 

アイデアの点と点が繋がり線となり、

線と線が繋がって立体(実現)となりますように!

人間は毎日、無意識に大量の思考

をするそうです。

1日に数万回も!

 

そんな思考の中からフッと

ヒラメキが湧くのでしょう!

もったいないのでゲットして

おきたいものです(笑)

 

 

<この方法のメリット>

①アイデアが消える前に記録できる

②メモ帳もペンも軽いので持ち歩き

の際にストレスが少ない

③メモ帳のサイズが小さいので

持ち運びが楽

④次にメモするところにペンがあるので

アイデアが出次第、速攻で記録できる

⑤内容の分類も簡素なので楽

⑥コスパがとてもいい!

何も気にしないでガンガンメモできる

 

この方法であれば、アイデアを逃す

ことはありえません!(笑)

 

ぜひ試して頂けたら嬉しく思います。

 

読んで頂いてありがとうございました。

また次のブログでお会いしましょう。