ジャイロボールと足幅の関係

こんにちは伊藤栄一です! 

今回はジャイロボールの「足幅」について

お話したいと思います。

 

ジャイロボールでは足幅はそれほど意識

しないです。

 

自然なフォームで踏み出す足幅が

最適な幅になります。

 

普通の投球フォームですと、

足幅を大きくとって出来るだけ前に出る

ように指導されたりします。

より大きな運動エネルギーを得る為

に出来るだけ前に出た方がいい

という考え方から来ています。

 

ジャイロボールは根本的に

考え方が違うんです。

いかに回旋運動から加速を作り出すか?

が重要になってくるので

体を加速する為の適切な間合い

があります。

 

足幅を無理に大きくとると

直線的な体の使い方になってしまって

ジャイロ回転数が減ってしまいます。

回転数が減ると、

球の伸び方が悪くなってしまいます。

身体も加速しにくくなってしまうので

球速も落ちてしまいます。

 

ジャイロボールの特徴である、

よく変化する変化球も回転数が減って

しまい台無しになります。

 

フォームが崩れている状態なので、

コントロールも悪くなってしまいます。

 

なので、自然な動作で自然な足幅が

ベストになります。

 

むしろ足幅は「狭く」を意識します。

より速いボールを投げたいと無意識に

思っていると、ついつい足幅を大きく

とりたいと思ってしまいます。

小さいころに教わった間違った体の使い方

が原因ですが、

無意識に刷り込まれてしまっているので

なかなか厄介です。

 

そのようなことからも足幅は

出来るだけ狭くを意識します。

 

投球中に

球の伸びが悪くなった、

変化球が曲がらなくなった、

コントロールが悪くなった、

と感じたら

 

足幅をわざと狭く意識して

基本に立ち返ります。

 

踏み出す足幅も狭くして、

基本の状態に戻します。

 

この「足幅」が原因で

ジャイロボールが投げられない

場合があるので自分のフォームを再確認して

みてはいかがでしょうか?

 

たかが足幅と思うかも知れませんが

全く体の動きは変わってしまうんです!

 

直線的な体の使い方から脱出する為

にも、意識してみてはいかがでしょう。

 

足幅について熱く語る方は少ないので

意識したことがない方も多いのでは

ないでしょうか?

 

今日も読んで頂いてありがとうございました。

また次のブログでお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です