こんにちは!

ジャイロボール研究家の伊藤栄一です!

今日は筋トレのちょっとした考え方に

について。

 

筋トレ負荷30パーセントのススメ

 

現在、私は35歳ですが、30歳を

越えてから筋トレ中の怪我が増えて来ました。

 

本当はMAX負荷(上げることのできる

最大負荷)の80パーセントなどの

高負荷でウエイトトレーニングしたいのですが、

 

ケガをする頻度が増えて来ているので

今後どうしようかと考えていましたが、

現在は最大負荷の30パーセントで

行うようにしています。

 

30パーセントだとだいたい20回〜30回

行うことができる負荷になると思います。

 

私の場合はベンチプレスだとMAX90キロ

くらいなので、30キロ〜40キロで

行なっています。

 

30パーセントというのは理由がありまして、

1つ目が、関節への負担を減らす為。

2つ目が、スピードトレーニング(瞬発力トレーニング)

に適した負荷が最大負荷のだいたい30パーセント

くらいだと言われているからです。

 

30パーセントでウエイトトレーニングをする際の

注意点は、なるべく速く動かすことです。

 

負荷が低い分、楽になるように思うかもしれませんが、

なるべく速く、スピードを上げてトレーニングすると

かなりの負荷がかかります。

 

2倍速く動かせば、最大負荷の60パーセント分の負荷になります。

3倍速く動かせば、最大負荷の90パーセント分の負荷になります。

 

実際にそんなに速く動かすことは出来ませんが(笑)

 

アスリートの方で私と同じようなケースでは

このような考え方をするのも1つの方法かもしれません。

 

筋肥大は大切だと思いますが、スピードトレーニング

もアスリートにとってはとても大切だと思います。

 

ウエイトトレーニングは継続が一番大切なので、

続けていける工夫と自分が求める結果にコミット

できる方法を考えていきたいですね。

 

今日も読んで頂いてありがとうございました。

また次のブログでお会い出来たら嬉しいです。